脱力系備忘録BloG ホーム »

サフランに花後の追肥を行いました  

今年はサフランがたくさんの花を咲かせてくれました。

本日1本だけ花が出てましたが、さすがにこれが最後でしょう。
とうことで、花後の肥料を施すことにしました。

全ての鉢に花咲く化成肥料を30gずつパラパラと施肥しました。
saffron-20201202_01.jpg

category: サフラン

Lubuntu MuonパッケージマネージャでChromiumを削除できない  

Lubuntu20.04にMuon Package ManagerでChromiumをインストールしたのですが、やっぱり削除しようとMuonパッケージマネージャからアンインストールしようとしたけど消せない。

正確にはMuonパッケージマネージャ上ではアンインストールできているのですが、スタートメニューにはChromiumが残っていて、クリックすると普通に立ち上がる。

この子を削除する方法は以下のようにやると消えました。

$ snap list

これでインストールされているパッケージの名前を確認。

$ sudo snap remove chromium

これで消えました。

linuxにはいくつかのパッケージ管理システムがありますが、Snapというのもその一つのようです。まだこの辺のことよくわかってません。

category: パソコン

Lubuntu20.04のVirtualboxでUSBを認識しない  

VirtualboxのUSB設定でホストOSに刺さっているUSB機器をゲストOSで認識させたいのだが認識してくれない。

この画面の
lubuntu-virtualbox-usb.png
赤丸アイコンをクリックするとUSB機器の一覧が出るはずなのですが、出ない。

で、いろいろ調べて以下のようにしたら一覧が出ました。

$ sudo gpasswd -a ログインしているユーザー名 vboxusers

ログオフ。

そしてログイン。

これで一覧が出ました。

ちなみに、今回はゲストOSのWindowsXPでエプソンのプリンタを使いたかったのですが、ホストOSのLubuntuにはドライバを入れてなくてもXPにドライバを入れたら動きました。

category: パソコン

ブルーベリーの鉢替えに合わせてピートモスからココチップへ  

前回の鉢替えが2017年の10月29日
特に前回の日付を意識したわけではないが、ふと、「そうだ鉢替えしよう」と思ったのが3年目の今年。
いつも、やろうやろうと思いながら忘れる鳥頭にしては珍しく3年ごとの鉢替えを行うことにしました。

その鉢替えですが、今回は土をがらりと変えることにします。
今まではピートモスと軽石でしたが、今回はココチップと鹿沼土にします。
blueberry-20201125_01.jpg

はい。ピートモスやめます!

なぜか?

category: ブルーベリー

FirefoxでTLS1.0/1.1を有効化したのを無効化する  

Firefoxはセキュリティー対策としてTLS1.0/1.1が無効化されています

そのため、セキュリティー設定の低いサイトにSSL接続すると安全に関する警告画面が表示され、一番下に「TLS1.0とTLS1.1を有効にする」というボタンが表示されます。

そのボタンを押すとTLS1.0/1.1が有効化されるのですが、これは一時的な有効ではなくその後も有効化されたままになります。

なんとなく気持ち悪いので再度無効化する方法を備忘録。


●URL欄に「about:config」と入力してエンターキー。

●「危険性を承知の上で使用する」ボタンをクリック。

●「設定名を検索」欄に「security.tls.version.enable-deprecated」を入力。

●その欄の下に「security.tls.version.enable-deprecated」バーが表示され、値が「true」になってます。

●そのバーの右端の左右矢印マークをクリックすると「true/false」が切り替わりますので「false」にします。

それで完了です。再起動は必要ありません。

category: パソコン

今年はサフランの花が大量だあ  

一昨日、昨日、今日と朝サフランを見に行くとたくさんの蕾が芽吹いてます。
saffron-20201109_01.jpg
saffron-20201109_02.jpg

さすがに今日は数が落ち着いてきましたが、それでも結構な数が収穫できました。
saffron-20201109_03.jpg

なぜ今年はこんなに花が咲いたのか?

この法則がわかればサフラン農家で一攫千金も・・・ぐへへ。

category: サフラン

2020年サフランの雌しべ初収穫  

サフランの蕾が2つ出てきました。

サフランの花はとてもきれいなので咲かせたいという気もするのですが、香辛料サフランとして雌しべを採取する場合は開花前の蕾から採取した方がより香りが良いものができるそうなので採ってしまいます。

雌しべ採取用に栽培している大玉球根の植木鉢にひとつ。
saffron-20201104_01.jpg

それと、球根を太らせるための肥培用植木鉢、確か15g前後ぐらいの球根を植えた鉢からも一つ蕾が出てきました。
saffron-20201104_02.jpg

category: サフラン

ブルーベリーブリジッタの紅葉とヌイ  

寒い。

今年は普通に冬の気配です。
というか、昨年冬が暖かすぎですね。
というか、まじで春と秋、どこいった?

category: ブルーベリー

PostgreSQLの格納データサイズによって速度低下する問題  

Gigazinさんに非常に興味深い記事「PostgreSQLには「中途半端なサイズ」のデータを格納しないほうがいい」があったので備忘録。

なんでも、PostgreSQLは「固定長のページ」という概念の中にテーブルを格納して管理しているようです。

そのページに収まらない大きなデータを格納する場合は「TOAST」という機能が自動的に稼働してデータを専用のテーブルに分割格納しているようです。
「TOAST」のことは「PostgreSQL 12.3文書 第68章 データベースの物理的な格納 68.2. TOAST」をご覧ください。

で、興味深いのは、
このTOAST機能を利用するほど大きなデータを扱うとPostgreSQLのパフォーマンスが低下する。

のではなく、
TOAST機能を必要としない「ぎりぎりサイズ」程度のデータを格納するとパフォーマンスが低下する。というのがなるほどと思ったわけです。

データベースは奥が深すぎて私には使いこなせないです。
(´・ω・`)
これからも「便利な格納庫」程度の認識で使わせてもらいます。

category: DB

2021年度イチゴ栽培開始!なんだけどこりゃまた酷い  

昨年に引き続き、前回の株から育てたカレンベリー苗を使ってイチゴ栽培を行います!

なんですが・・・これ・・・育つんやろか?
ichigo-2021021_01.jpg
ichigo-20201021_02.jpg

今回は全て次郎苗、三郎苗です。
というか、そんなことどうでもいいレベルで酷い苗です。
ほとんど、骨と皮だけのガリガリ状態。大丈夫かな?

用土は赤玉と腐葉土、6:4ぐらい。苦土石灰を一握り。
花咲く化成肥料をプランター1つ当たり16gを混ぜてよく攪拌して完成です。

果たして来年実がなるのかどうか?こうご期待!

category: イチゴ

プロフィール

最新記事

最新コメント

アンケートやゲーム参加で無料でマイルが貯まる! すぐ貯まるポイントサイト すぐたま

▲ Pagetop